今日はこの写真から↓
1
11月はジビエの季節!
(ジビエとは狩猟で得た野生の鳥獣の肉を食べるというフランス語。
 11月は狩猟が解禁される月なんです。)

週末ごはんは鴨鍋を楽しみました♪
写真はそのメインとなる鴨の下ごしらえの様子です。


ハイ食材室で毎年購入しています。
この値段は安い!!


まずは材料からご紹介します。
(3人分)
<鍋の具>
・鴨ロース300g ・水菜 一袋  ・お好みのキノコ  ・京揚げ1枚 
・ネギ2本  ・ごぼう1本 ・蕎麦三人分
<煮汁の材料>
かつおだし600cc  酒100cc 醤油80cc  みりん80cc
<薬味>
山椒・ゆずの皮・山わさびなどお好みのものを。柚子胡椒もおススメです。

<作り方>
①写真のように鴨の皮目に包丁で切り込みをいれ
  フライパンで皮目だけをしっかりと焼いて油を出します。
  こうすることで、しつこくない鴨鍋に仕上がります。 ←point


②↓の写真のように、鴨を焼いたフライパンで余分な油をとって
  ネギに焼き目をつけます。 ←point
    香りがたって美味しいネギになります。
2


③①の肉をうすくスライスします。
3

④鍋の他の具材を切ります。
  京揚げはフライパンで焼いて油を切った後、拍子切り。
  ごぼうはささがきにして、さっと水をくぐらせあく抜きします。 ←point
  この時、水につけすぎると香りがなくなり残念なごぼうになってしまいます。
  お好みのキノコを食べやすい大きさにします。
  水菜は水につけシャキッとさせておきます。
4


⑤薬味の用意をします。
57
この日は山椒・山わさび・ゆずの皮の千切りを用意しました。
他にも柚子胡椒はおススメです。


⑥そばを茹でしっかりと冷たい水で引き締めておきます。
6


⑦鍋にだし汁と煮切った酒とみりん、しょうゆを合わせ温めます。
    煮切るとはアルコール分を飛ばすということです。 ←point
⑧⑦があたたまったらお肉や具を入れ火を通して薬味を添えて頂きます。
⑨最後はお蕎麦を入れて汁といっしょに召し上がれ。(雑炊もいけますよ。)

8

日本酒や赤ワインと一緒に頂けば更に美味しい♪
お店の価格からすれば、信じられないくらいお安いですよ♪
お店に負けない美味しい鴨鍋をご自宅で心行くまでお楽しみください。

最後までご覧頂きありがとうございます。
読んだよ~の印に、画像↓をクリック下さるとうれしいです。
更新の励みになっています。
今日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

LINEからも更新の情報が受け取れます。
登録下さると大変嬉しいです。


にほんブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物へ
旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物
にほんブログ村テーマ 『かわいい』と『おいしい』手作り。へ
『かわいい』と『おいしい』手作り。
にほんブログ村テーマ Let's cooking!へ
Let's cooking!
にほんブログ村テーマ 一眼レフカメラで撮る料理写真へ
一眼レフカメラで撮る料理写真
にほんブログ村テーマ 鍋料理へ
鍋料理
にほんブログ村テーマ おうちごはんを楽しむ暮らしへ
おうちごはんを楽しむ暮らし
にほんブログ村テーマ おうちごはんもおしゃれにいこう!へ
おうちごはんもおしゃれにいこう!