今日はこの写真から↓
1
写真のテーブルは結婚を機に26年前に購入した。
伊勢丹新宿店で見つけたこのダイニングテーブルは
椅子とベンチのセットになっていて、
シリーズの名前がマイケル。


閉店10分前でも到着できそうに思えば
会社から急いで自宅とは反対方向の電車に乗って
伊勢丹へと向かったもんだ。
ともかく、椅子に腰かけテーブルを撫でてみる。
店員さんが近寄ってくるタイミングを見計らって席を立つ
この行為を何度行ったことだろう。

マイケルがある部屋で
新婚生活がスタートする様子を想像することは
とても幸せな時間だった。

マイケルとともに6度の引っ越しを経験し、
娘が生まれて歩くようになった時は
頭をぶつけないようにと
角にクッションを貼り付けたこともあったけ。

何回目かの引っ越しの時に無くした
脚のボルト。
それでもどうにかこうにか使用することができ
26年間頑張ってくれた。


どうにもウレタン塗装の剥げた部分や
2



塗料のべとつきが気になるようになり、
3
家族にこのテーブルをペイントしていいかと提案したら
夫と娘はNoの返事。


それから数年経つ間に、
旭川家具のおひざ元に住んでいると
素敵なテーブルを目にする機会がたくさんあった。
私は家族に旭川家具のテーブルの買い替えを提案した。
それは結婚25周年の昨年のことだった。

娘からは自分も巣立ったことだし、
ママの好きにしてもいいよと
意外にあっさりとした承諾の返事。
と同時に語ってくれたのは
これまでのマイケルへの想いだった。

今の持ち家になるまでの引っ越し先の借家は
数年しか暮らすことのない家だけど
それでも自分の家、自分の帰る場所なんだと思えたのは
マイケルのお陰だと。
このテーブルで宿題したり絵を描いたり、
ママにもたくさん叱られた(笑)。
マイケルがあるとどこにいても同じ居場所になったんだと。

私はその言葉にもう感動しきり。
転校先で明日はどう過ごせばいいんだろうと
辛く感じた子供時代を
このマイケルが支えてくれていたんだと思うと
消せない傷も愛おしく感じた。
関連記事↓




4
マイケルをこうして見るのは
この写真で最後。
新たなテーブルがやって来る。
そして入れ替わりにマイケルは
新しいテーブルを作ってくれた同じ職人さんの手に渡り
違った形に姿を変えて、マイケルらしさを残し
思い出をそのままに戻ってくる予定でいる。

最後までご覧頂きありがとうございます。
読んだよ~の印に、
画像↓をクリックくださると嬉しいです。
更新の励みになっています。
今日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


LINEからも更新の情報が受け取れます。
読者登録下さると大変嬉しいです。
     ↓ ↓ ↓



アナベルにかこまれて - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

↓ESSEプラチナインフルエンサーやっています。

プラチナバッジ



#インテリア

50代主婦日記
スローライフな日常
田舎暮らし スローライフ ロハス LOHAS

*日々の暮らし手帖