ブログネタ
【公式】あなたのペットを自慢して! に参加中!
今日はこの写真から↓
1
今日は家の中でくつろぐウィルのオンパレード!


以前、動物病院の待合室で
ネコちゃんばかりのオーナーさん5人に囲まれ
順番を待っていたときのこと。
愛猫との出会いの話から始まって
「この白い毛並みが輝いて素敵で・・」とか
「この子ったらこんな感じで私を呼んで・・・
(鳴きまねしながら)」などなど
それぞれが我が猫自慢!

これが人間の子の自慢なら
微妙な空気が流れるところ、
ペットを愛しすぎて変な発言をしていても
温度差のない愛猫家が揃えば
うん、うんと頷き合って穏やかムード。

たまに一匹犬がいたことを思い出し、
静かにしている我が息子ウィルに
待つ態度がいいわなどと褒めて頂いて
(本当はネコが怖い!
一度、目の前で二倍に膨れ上がった体で
シャーと威嚇されて以来、ウィルはネコが苦手・・・)

長く待たされる時間も苦痛でなかったことを思い出す。



2
私もその愛猫家さん達に負けないぐらい
首ったけの息子愛。
順番が回ってきて
ふと獣医師のそばに置かれたカルテが目に入り
思わず二度見する驚愕の1ページ。

A4半分にピンクの蛍光ペンでしっかりと囲われ
「要注意!噛む恐れあり!」と
でかでかと書かれてある。
まさかウィルのカルテじゃないよね、
と隣の診察台を覗き見れば
のっていたのは一緒に待っていた猫ちゃん。



3
このブログでも
ウィルが噛みつき犬で大変だったこと
何度も書いてきたのに
どうしてそのカルテがウィルのじゃないって
思ったんだろう・・・・
愛って盲目・・・・


病院のスタッフの皆さんが
安全に診療するために
カルテで周知するのは当然のこと。
その時、また改めて
ウィルを見つめ直すきっかけにもなった。


6

数年前から、
お世話になっている犬の学校のトレーナーさんや
ウィルに手を焼いて
苦労して育てた様子をそばで見ていた娘は
ウィルがいなくなった時のロスを心配して
二匹目を飼ってはどうかと提案してくれる。


「えっ!ウィルが二匹って無理でしょ。」と
私がトレーナーさんに言えば
「お母さん、
ウィルみたいに難しい犬は
そうそういないから安心して。」
とまあ信頼関係があるからこその
すごい言われようで。


4
北海道で仕事を始めて以来、
ずっとともに働いている同僚の猫が
先日23歳で亡くなった。
病院に世話になることなく大往生だったと
泣きはらした目をして教えてくれた。
私もこれまでに
その猫ちゃんの話をよく聞いていたから
亡くなったことが悲しくて、悲しくて・・・



風にさらわれたように
ウィルが地上からいなくなると思ったら
心の芯が冷えそうな思いが広がり辛い。


5

いやいや、そんな嫌な想像より
風や陽射しや自然を
ウィルとともに存分に味わおう。
ウィルの大好きな雪の季節は
すぐそこだ!!

最後までご覧頂きありがとうございます。
読んだよ~の印に、
画像↓をクリックくださると嬉しいです。
更新の励みになっています。
今日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
LINEからも更新の情報が受け取れます。
読者登録下さると大変嬉しいです。
   ↓  ↓  ↓


 
アナベルにかこまれて - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ESSEプラチナインフルエンサーやってます!↓
プラチナバッジ


50代主婦日記
スローライフな日常
田舎暮らし スローライフ ロハス LOHAS

犬・ペット・家族
犬ブログ
わんこ(犬)フォトギャラリー

*日々の暮らし手帖