今日はこの写真から↓
1
靖国神社のすぐそばにある「花田」。
1977年創業の老舗の器屋さんで、
以前、東京で暮らしていた頃から
憧れの器屋さんでした。


多くの作家さんと交流をもつこのお店では
2階のギャラリーで次々に作家さんの展示会が開かれ
その美しい器に興奮したものです。



東京滞在中に偶然行われた特別販売会。
上京する機会もそうそうあるわけではないので
応募してみたところ運よく当選!
懐かしいお店に足を踏み入れることが出来、
とても嬉しかった♪
2






こちらはもっと古く1953年創業の
四谷にあるたい焼き屋さんの「わかば」。
3
行列が絶えない人気のお店です。
開店時間に一番に買おうと意気込んで向かいましたが
残念ながら4番目。




昔食べたと同じパリッとした薄皮に
ちゃんと尻尾まで餡子が入って美味しい!
4
尻尾に「わかば」の文字!
自家製の餡子がまた美味しんですよね。







このラーメン屋もよく通った当時のままで嬉しかった♪
飯田橋駅のすぐそばにある「中華そば 髙はし」。
7
四谷の人気店支那そばこうやの出身の主人が作る
ワンタン麺や高菜麺のメニューはそのまま!
久しぶりの中華そばは美味しかった♪

両隣のお客さんと肩がぶつかり合うくらい
身を寄せ合って食べなきゃいけない狭い店舗や
サバサバした女将さんの接客もそのまま!
(私的最大の賛辞です!)


新しく始まったお店と思ったら
いつの間にかまたそこに新しいお店が始まって・・・。
入れ替わり立ち替わる店舗を見ると
長くずっと同じ商売を続けるって
とても難しいことなんだと想像します。
そんな中にあって
ご紹介した3つは今なお人気を誇るお店として健在で
本当に嬉しかったです。


ガラス張りの都会的なビルが増える中で
当時のままの雰囲気を醸し出す店舗は、
若かった時には手に出来ない器や
たい焼きやラーメン一杯がとても贅沢に感じた
当時の私を思い出させてくれました。


東京最後の夜はこちらで乾杯!
5
こんなクラフトビールを見つけ
ホテルで飲んでみました!
クラフトビールならではの
香りが華やかに広がる美味しいビールでした。



北海道で暮らすようになって
寒さの耐性はできたものの、
待つ耐性がすっかりなくなって
行列に並ぶようなことが出来なくなってしまいましたが、
昔を懐かしみながら
そして新しい東京を楽しむことができました。

東京滞在記は今日でおしまいです。
長らくお付き合い下さり本当にありがとうございました。


最後までご覧頂きありがとうございます。
読んだよ~の印に、画像↓をクリック下さるとうれしいです。
更新の励みになっています。
今日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
LINEからも更新の情報が受け取れます。
読者登録下さると大変嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓


↓ESSEプラチナレポーターやってます!
プラチナバッジ


50代主婦日記
スローライフな日常