アナベルにかこまれて

料理・インテリア・ガーデニング・ペットにまつわる日々の暮らしを書き綴ります。 北国で丁寧に暮らすことを心がけながら。

タグ:肯定感

LINEからも更新の情報が受け取れます。読者登録下さると大変嬉しいです。***********************************今日はこの写真から↓写真のエッセイ集の著者は主人の父。思いついたこと、思い出話、季節のことなど、折に触れてだれかしらにハガキを送る父がその文面をいつも製 ... 続きを読む
LINEからも更新の情報が受け取れます。
読者登録下さると大変嬉しいです。


***********************************
今日はこの写真から↓
1
写真のエッセイ集の著者は主人の父。
思いついたこと、思い出話、季節のことなど、
折に触れてだれかしらにハガキを送る父が
その文面をいつも製本してまとめ、
親しい友人や家族に送ってくれます。
先日、四巻目が届きました。

義父の他の記事↓



今年89歳になる義父は持病はあるものの、
好奇心旺盛で
学生時代から続けるコーラスと囲碁、
定年退職してから覚えた料理など、
日々忙しく楽しそうです。

エッセイ集を読むと
私も義父のように歳をとるためには
どんなことを日頃心がけたらいいか
ヒントがもらえます。
1
「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」
という相田みつをさんの言葉が書かれた
友人からの(それも小学生時代の)ハガキを壁に貼って
時々見るんだそうです。

私も最近相田みつをさんの詩集
を手に取ることがあり、
なんだか奇遇で興味を持ちました。
義父はその言葉から
散々な状態になっても、孤独になっても
「自分の心が決める」と希望を持ち、
自らを幸せな方に導く強い意志が大切だと述べていました。






そして、自分自身の生き方を「これでよし」と
認識する自己肯定感こそが
幸せに生きるために重要だと。
2


私が読んだ相田みつをさんの詩は
「我が子へ」という題名で、
千里の道も一歩からといった内容の詩で、
まずは一歩こそが大事だと。

きっと、その一歩、一歩の幅は人によって違うもの。
数歩で山を越える人もあれば、
遅々とした歩みで、進んでいることすら周りには
分からないような人もいるかもしれません。

でも、例えその歩みが僅かでも
今日は昨日より進んでいることを
自分が肯定できることが大切なんでしょうね。

そして、その歩みを忍耐強く続けることが
おそらくきっと大事なことのように思います。






蕗の薹の題では、
4
坂になった土手にある蕗の薹。
急な傾斜で残念ながら取れなかったのだとか。






なるほど。それではと、
娘と一緒に蕗の薹を取りに行きました。
2
雪をかき分け取ってくれました。
蕗の薹は蕗味噌にして、








そして父の大好物のブールドネージュを焼いて
一緒に送ってあげました。
3
ダイソーで買った桜のカップ。ラッピングに使ってみました♪






家族の幸せを想い、世界情勢を心配し、
野道に咲く花を愛で、
義父はなんと心豊かに生きていることかと感心しますが、
そんな人生をもってしても
死の淵に直面すれば怖いと書く義父の心情を想うと
涙がこぼれました。

それでも義父は
「人生の時間はいくらも残されていないが、
とにかく余命に対して
常に誠実に向き合い、熱情もって、
可能なかぎり自己を充実して生きていこうと思う。」
と書いていました。

老齢で揺らぎそうになる自己肯定感を
義父ならいつまでも保つことが出来る気がします。
そして次の5巻目が発行されることを心から願い、
またエッセイ集より沢山教えてもらいたいと思います。


最後までご覧頂きありがとうございます。
読んだよ~の印に、画像↓をクリック下さるとうれしいです。
更新の励みになっています。
今日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
←ランキングに参加中

にほんブログ村テーマ 50代主婦日記へ
50代主婦日記
にほんブログ村テーマ 季節の写真へ
季節の写真
にほんブログ村テーマ 100円ショップへ
100円ショップ
にほんブログ村テーマ 100円ショップ L O V Eへ
100円ショップ L O V E
にほんブログ村テーマ パン☆デザートお菓子作りへ
パン☆デザートお菓子作り
にほんブログ村テーマ 手作りおやつとパンへ
手作りおやつとパン
にほんブログ村テーマ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし