今日はこの写真から↓
1
娘が小さい頃に一緒によく読んだ絵本。
虫たちの世界を色鉛筆で
美しくそれでいて可愛らしい絵が素敵で
冒険ものにありがちな悪役の登場はなく
ほのぼのほんわかとした
優しい気持ちになる物語。

↑タチアオイ(ホリホック)の絵が気に入って
庭をもてるようになったら
絶対に植えようと思った心に残る一冊です



ガーデニングの作業をしていると
この絵本の中のような
小さな生き物の世界を垣間見ることが出来て
ちょっと楽しい♪


これ↓なんだか分かりますか?
2
ウスバカゲロウの幼虫が
乾燥した土をすり鉢状に掘って底に潜み
落ちてくる蟻を待つ
そう!アリジゴク!
ガーデニング道具を置いている納屋の前に
そっと小さく出来ていました。





アナベルが咲き誇るとよく見られるのが
蜂たちのコミカルな動き!
3






忙しなく
4





潜ったり出てきたりを繰り返す様が
とてもユーモラス♪
5






庭でお茶をしていたら
お邪魔しま~す!とハナアブ。
(マーマレードハナアブかな?)
6
どこにいるか分かりますか?




ラベンダーのそばでホバリングしている小さな昆虫です。
7
アブっていうと
人を刺すというより
咬むような狂暴なイメージですが、
ハナアブは花の蜜しか吸わないんだそうですよ。
昔、昆虫博士で鳴らした娘が教えてくれました。
昆虫界のメダカみたいでしょって言われて
花の周りをホバリングする姿は
なるほど!似てるなって思って
笑ったんですよ。




そして以前ご紹介したトックリバチの巣。
その後どうなったかと言いますと
関連記事↓





4日ほど前に成虫となって飛び立ったようです。
8
上部に穴が開いていました。
枯れたライスフラワーを取ると
雨に直接あたっちゃうかなと心配しましたが
もう遠慮しなくていいようです。



有難くない虫もいて
駆除に追われることもありますが、
近所の養蜂場の蜂蜜もきっと
我が家の花の蜜も入っているって思って食べると
なんだか特別な気がしたりして、
庭に集まる虫たちを歓迎したくなりますね。

花を愛でるだけでは勿体ない!
小さな生き物の世界が
ほらすぐそばに♪


最後までご覧頂きありがとうございます。
読んだよ~の印に、画像↓をクリックくださると嬉しいです。
更新の励みになっています。
今日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
LINEからも更新の情報が受け取れます。
読者登録下さると大変嬉しいです。
   ↓  ↓  ↓


ESSEプラチナインフルエンサーやってます!↓
プラチナバッジ


↓50代のそれぞれ暮らし

50代主婦日記
↓田舎暮らしのあるあるがいっぱい!
スローライフな日常
田舎暮らし スローライフ ロハス LOHAS
花のある生活
Flower & Green
ナチュラルガーデン