LINEからも更新の情報が受け取れます。
読者登録下さると大変嬉しいです。


***********************************
今日はこの写真から↓
4
秋といえば栗の季節。
毎年、親戚より大きな栗が届くのですが、
栗ご飯にしたり、お肉と一緒に煮たりと
どんな調理をしても美味しいですよね。

でも、栗って皮を剥くのが大変!
そうなんです、大変なのですが、
出来上がりの美味しさと言ったら
どの高級スイーツにも負けない美味しさなので、
頑張って作ってみました!
それは渋皮煮です。


まず、材料から。
(材料)
栗・・・1㎏ 
重曹・・・小さじ1 
ザラメ・・・400~500g
塩・・・少々
ブランデー・・・大さじ1


(作り方)

皮を剥きやすくするため、
栗が全て隠れるぐらいの水を鍋に入れ火にかけ、
沸騰したら火をとめ、栗を入れて一晩おく。


5
黄色い身が中から見えないように
傷つけないように鬼皮を取る。
TIP-かたいお尻の部分から尖った頭に向けて剥ぐと取れやすい。
私は専用の栗の皮むき器を使用しています。
20年以上使用していますが健在です。
一つ持っていると便利ですよ。








10
鍋に栗を入れ、栗が隠れるくらいの水と
重曹を入れ、沸騰したら中火で20分煮る。
そして水を新しくして、
水だけで同じように20分煮る作業を
2回繰り返す。(合計3回煮る。)



9
栗をざるにあげ、
指のはらで栗の皮を優しく取り
黒い筋は楊枝などで栗を傷つけないように取る。



11
栗を鍋に戻し、
栗の頭が少し出るくらいの水を入れ、
ザラメの半量を加えて、
落し蓋をして中火で20分煮る。
更に、残りの半量と塩を加えて20分煮る。




火を止めて
半日そのままにして味をしみこませる。
冷めたらブランデーを加えて出来上がり。


なが~い、なが~い道のりでした。
では完成品です♪
3
艶やかで美しい渋皮煮。
中はとろりとした舌触りが良く
ブランデーの香が優しく香って
なんとも贅沢な味わいです。



直ぐに食べるものは
シロップごと瓶やタッパーに入れて保存してください。
2




私はお正月にも家族に食べてもらいたいので、
一部は冷凍保存しておきます。
13
アルミホイルで一つ一つ包んで
ジッパーに入れて冷凍します。
食べる時は自然解凍すると美味しく頂けます。


20年以上も前に、友人に教えてもらったレシピです。
手書きされたレシピには作る度に
赤で注意書きがいくつも書かれているのですが、
今回更に加筆の必要がありました。

栗は皮むきの失敗を想定して多めに準備すること!
と以前書いていたのですが、
10個多めに作り始めましたが、
13個失敗してしまいました・・・・。
レシピの重さ以上に多めの栗で始めてください。
そして、少しでも黄色い中身が見えたら
それは栗ご飯にでも使って下さいね。
(シロップが濁るので潔く除去してください。)

甘露煮よりもなぜ渋皮煮が高価なのかが
作ってみるとよくわかりますよね。
大きめの栗が手に入ったら
是非チャレンジしてみてください。

最後までご覧頂きありがとうございます。
読んだよ~の印に、画像↓をクリック下さるとうれしいです。
更新の励みになっています。
今日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
↓ランキングに参加中


にほんブログ村テーマ 田舎暮らし スローライフ ロハス LOHASへ
田舎暮らし スローライフ ロハス LOHAS
にほんブログ村テーマ スローライフな日常へ
スローライフな日常
にほんブログ村テーマ パン☆デザートお菓子作りへ
パン☆デザートお菓子作り
にほんブログ村テーマ 手作りおやつとパンへ
手作りおやつとパン
にほんブログ村テーマ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし
にほんブログ村テーマ 料理&お菓子&パン@手作りへ
料理&お菓子&パン@手作り
にほんブログ村テーマ オウチごはんと器の写真へ
オウチごはんと器の写真